« マーブル、マーブル、マーブル、チョコ(略 | トップページ | デッドマン・ワンダーランド 8巻買っちゃった »

2010年8月25日 (水)

ゆらゆらゆれる「プシュケの涙」

こんばんは、眠いけど寝ない記録係ですcatface

柴村仁先生の「プシュケの涙」読みました。

学園ものあんまり読まないのですがわりとすんなり読めました。
有川先生推薦の帯がついていたから手にとってみたわけですが
カバーも綺麗でとっても良かったです。

ストーリーは吉野彼方と呼ばれる女の子が自殺してしまうところから
はじまり、主人公の由良彼方が真相究明のために動いていくというお話と
吉野彼方と由良彼方の関係を描いたお話の2部構成です。

主人公の由良がかなりの奇抜な人物として描かれている前半と違い
後半は純粋な部分がとても出ていてギャップが読んでいて面白いお話でした。

ちょっと甘くて苦いお話なので胸がキュンとしてしまいました…。
記録係ってば乙女ちっくheart02(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

まだまだ現役ですsign03(漢字変換したら減益っていうのが一番最初に出てきて
かなりへこみましたけどねsign03

是非皆さんも読んでみてくださいねheart04

« マーブル、マーブル、マーブル、チョコ(略 | トップページ | デッドマン・ワンダーランド 8巻買っちゃった »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マーブル、マーブル、マーブル、チョコ(略 | トップページ | デッドマン・ワンダーランド 8巻買っちゃった »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • ポチッと☆
    ポチッとよろしく!
  • twitter

Javari

  • Javari
無料ブログはココログ